脱毛クリニック 脱毛サロン

VIO脱毛の痛みはどれくらい?実際の体験を交えてご紹介!

更新日:

VIO脱毛にチャレンジしたいけれど、痛みが気になる…。
脱毛のしくみと痛みについて
・光脱毛の場合!
・医療脱毛の場合
なぜVIOエリアは痛みを感じやすいの?
VIO脱毛、実際はどれくらいの痛み?
・手足、背中と比べて
・ワキと比べて
VIO脱毛の痛みを減らす工夫は?
・肌を良い状態に保つ
・日焼けをしない
・スタッフの方とおしゃべりして、気を紛らわせる
痛みを我慢するメリットは?VIOの自己処理の危険性
・カミソリ
・毛抜き、脱毛器
やっぱりVIOは信頼できるサロン・クリニックで!

 

VIO脱毛にチャレンジしたいけれど、痛みが気になる…。

今、おしゃれに対する感度の高い女子に人気のVIO脱毛。この夏こそ、大胆なビキニを堂々と着こなしたい!彼氏との旅行を思い切り楽しみたい!そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか。

でも、脱毛が初めての人にとっては、そもそも脱毛自体が痛そうだし…。と二の足を踏んでしまうことが少なくありません。
ただでさえ粘膜に近く、デリケートな部分的。勇気を出してサロンに行ったのに、痛くて途中でギブアップなんて嫌ですよね。
そこで、今回はVIO脱毛が果たしてどれくらい痛いのか?や痛みを減らす工夫ができるのか?など、あなたの不安を解消します!

脱毛のしくみと痛みについて

まず、そもそもなぜマシンを使うと毛が抜けるのか、そしてなぜ脱毛の時に痛みを感じるのか、その仕組みをご説明しましょう。
エステやサロンで行う光脱毛(フラッシュ脱毛)と、クリニックでしか行えない医療脱毛があります。痛みに関しては両者で違いがあります。

光脱毛の場合

肌への刺激が比較的少なく、痛みも小さい脱毛方法です。
IPL脱毛(インテルパルス脱毛)、光脱毛、フラッシュ脱毛などサロンによって呼び方は様々。
脱毛機器から照射されるライトは、毛根の黒いメラニン色素に反応し熱を発生させます。その熱により毛根にダメージを与え、毛の再生力を弱める効果があります。

ただし刺激がマイルドな分、ムダ毛の再生を防ぐ効果もやや弱め。そのため医療レーザー脱毛に比べ、比較的脱毛期間が長くなる傾向があります。

医療脱毛の場合

サロンでの脱毛に比べ、レーザーの出力が高いため、肌への刺激や痛みを強く感じやすい方法です。
その分毛根へ与えるダメージが大きく、短期間で脱毛が完了します。

俗に言われる「永久脱毛」とは、医療レーザー脱毛(もしくは針を刺して行うニードル脱毛)のことを指します。

レーザーの照射パワーが強いため、医師がいるクリニックでしか施術を受けられません。ただし、何か肌へのトラブルがあった時には迅速に処置を受けられるというメリットもあります。また費用は、一般的にサロンでの脱毛に比べ高額です。

痛みが小さくリーズナブルだけれど、長く通う必要があるフラッシュ脱毛か。もしくは、痛みが大きく高額だけれど、確実に脱毛でき短期間で済む医療レーザー脱毛か。

どちらもメリットとデメリットがあるので、予算や時間とも相談して、決めたいところです。

なぜVIOエリアは痛みを感じやすいの?

先ほども述べたように、光がメラニンに反応して熱を発生させ、その熱で毛根を焼き切ります。アンダーヘア部分は毛の毛量が多く濃いため、その分脱毛の際発生する熱量が大きいです。従って、他の部分を脱毛した時に比べ痛みを強く感じやすいのです。

VIO脱毛、実際はどれくらいの痛み?

筆者の個人的な体験になりますが、先日ヒザ下とヒジ下、背中、ワキ、vラインの脱毛を某大手サロンで受けてきました。
Iライン、Oラインに関しては体験していないのですが、参考としてお読み頂ければと思います。
その時に、vラインが他の部位に比べてどれくらい痛かったのかを感想を述べていきます。
ちなみに、筆者は人より痛みを感じやすいタイプですので、痛がりの方にも参考にして頂ければと思います。

手足、背中と比べて

まず、手足と背中に関しては全く痛くありませんでした。あえて言えば、機械のヘッド部分から、湯たんぽくらいの温かさを感じたくらいで、あっという間に終わりました。
そしてVラインですが、手足と比べるとやはり「痛い」です。最初に照射された時は、思わ
ず体がビクッとししてしまいました。

具体的には、一瞬チクっとした痛みを感じる程度です。痛いといえば痛いですが、毛抜きで自己処理した時よりは痛みが小さく感じました。
従って、個人的な感想ですが、今まで毛抜きを使用した方であれば、我慢できる程度の痛みかと思います。
またスタッフの方曰く「何回も通って毛が細くなると、ほとんど痛くなくなりますよ。」とのことでした。

ワキと比べて

続いてワキ部分の脱毛と比べてですが、痛みに関してはVラインと同じくらいだと感じました。以前ワキの脱毛を経験した方なら、Vラインの脱毛の痛みにも耐えられるのではないでしょうか。

VIO脱毛の痛みを減らす工夫は?

肌を良い状態に保つ

脱毛の時、肌荒れをしていたり、肌の表面が乾燥していると痛みを強く感じやすいようです。施術前にシェービングするよう決められているサロンでは、肌の角質層を傷つけるカミソリの使用は避け、電気シェーバーを使いましょう。

日焼けしない

レーザーやフラッシュは黒いメラニン色素に反応します。従って、日焼けしている肌は痛みを強く感じやすく、場合によってはやけどのような状態になることも。もし、日焼けサロンなどに通っている場合は、脱毛が完了するまではお休みしましょう。

スタッフの方とおしゃべりして、気を紛らわせる

あくまで個人的な意見ですが、スタッフの方とお話していると、気が紛れて痛みを感じにくくなるような気がしました。緊張のあまり、口数が減る人も多いかと思いますが、脱毛の痛みは本当に一瞬です。楽しくおしゃべりしているうちに、あっという間に終わってしまいますよ。

痛みを我慢するメリットは?VIOの自己処理の危険性

ここまで読んで、やっぱり少しでも痛いのはイヤだから、自己処理したい!という方へ。デリケートゾーンの特にIライン、Oラインに関しては自己処理は危険ですのでやめましょう。
以下のような自己処理方法によるリスクをまとめてみました

カミソリ

最も手軽な方法といってもいい、カミソリによる処理。ドラッグストアで手軽に手に入り、お手頃なお値段も魅力です。しかし、毛自体が太いアンダーヘアにはおすすめできません。まず、カミソリで剃った場合は毛の断面が斜めに尖った状態になります。従って少し伸びただけで下着と擦れてチクチク感を感じたり、場合によってはアンダーヘアが下着を突き抜けてしまう可能性があります。
次に、デリケートゾーンは非常に皮膚が繊細な部分です。カミソリは毛と一緒に肌の大切な角質層を削り取ってしまいます。角質層が傷つくと肌荒れを起こしたり、また繰り返しカミソリで処理していると、摩擦でデリケートゾーンが黒ずむ原因にもなります。粘膜に近い部分の場合、うっかり大切な部分に傷をつけてしまう危険性も。

毛抜き、脱毛器

毛抜きや家庭用脱毛器を使用した場合、起こりやすいトラブルは「埋没毛」と「毛嚢炎」です。
まず、「埋没毛」とは、体毛が皮膚の毛穴から生えずに、皮膚の下に埋まったままの状態になることをいいます。主な原因としては、毛抜きやカミソリで傷ついた皮膚にかさぶたができ、毛穴が塞がった状態になることが考えられます。

たいていの場合、埋没毛は皮膚の生まれ変わりとともに治りますが、無理に毛を抜こうとすると肌をさらに傷つけてしまいます。
次に、「毛嚢炎」は毛穴にブドウ球菌等の雑菌が入り、赤く炎症を起こしたり状態をいいます。毛嚢炎が悪化すると、色素沈着により毛穴周りが黒ずんでしまうこともあります。

どうしても今すぐアンダーヘアの処理が必要な場合は、熱によって毛を焼き切る「ヒートカッター」の使用がおすすめです。カミソリと違い、断面が丸く仕上がるのでチクチクしませんし、肌の表面が傷つく心配もありません。

ただし、この方法ではこまめな処理が必要ですし、やはり美しい仕上がり感は、サロンやクリニックでの脱毛の方が「上」です。

やっぱりVIOは信頼できるサロン・クリニックで!

いかがでしたか?最初はちょっぴり緊張するけれど、やってみたら意外に平気だった!という声も多いVIO脱毛。毛の量が減ると痛みも小さくなりますし、ぜひ勇気を出してチャレンジしてみてはいかがでしょうか?







-脱毛クリニック, 脱毛サロン

Copyright© 脱毛口コミの脱毛サロン女子 , 2017 AllRights Reserved.