脱毛クリニック 脱毛サロン

脱毛はどこを選んだら失敗しない?正しい選び方って?

更新日:

【目次】
エステと医療機関の違い
目的はなに?
・部分脱毛なら
・全身脱毛なら
広告はちゃんとしてる?
メリットは自分にマッチしてる?
口コミはどう?
契約は細かくチェック
・説明を省略したがるところはNG
・疑問に答えてくれないところはNG
結局は人次第?

エステと医療機関の違い

脱毛を施術しているところには2種類あります。
1つはエステ、1つは医療機関です。医療機関は美容整形だったり、皮膚科だったりします。
医療機関で脱毛ができることを知る人は意外と少ないようです。

これは、医療機関が特殊な診療(脱毛)をしていることを広告してはいけないと法律できまっているからです。
ちょっと残念な気がします。

というのも、医療機関だからこそ、医療用レーザーによる効果の高い永久脱毛の施術ができるからです。
エステには医師がいないので、永久脱毛はでません。
エステで永久脱毛ができないことを知らない人もまた多いです。
ただし、医師が在勤するエステではこの限りではありません。
大きな違いは永久脱毛にあると言えます。
その他としては、エステではお客様であり、医療機関では患者さんであるということです。

つまりエステでは施術だけでなくサービスがあるけれど、医療機関にはサービスはありませんが肌のトラブルがあれば薬を処方してくれます。

あなたの目的にあうのはどこでしょう?

目的はなに?

脱毛の目的ははっきりしているでしょうか?
とりあえず夏に向けて脇の脱毛を急ぎたい、結婚式にあわせてじっくりと全身脱毛をしたいなど脱毛を決める理由は様々です。

こういった脱毛をスタートする理由に加えて、もうひとつはっきりとさせておくべき目的は、どこを脱毛するかです。
脇だけ、手足だけ、vio(デリケートゾーン)も一緒にと、脱毛を希望する部位によって値段やプランが変わってきます。

部分脱毛なら

もし、急ぎの部分脱毛が希望の場合はシーズンになると新聞の折り込み広告ではいるエステの情報がわかりやすいです。
脇や手足を、まず夏のレジャーシーズンにあわせて脱毛してキレイにしたいならそこにポイントをしぼって選びましょう。

まずは脱毛したい箇所、次に価格、そして予約可能かどうかを確認していきましょう。
ひとまずの目的は、部分脱毛です。
素敵なスタッフがいるとか、きれいな店舗という補助的なメリットは後回しです。
もちろん、できることなら気に入った素敵な店舗で施術を受けたいですが、価格優先の中で絞っていきましょう。

全身脱毛なら

全身脱毛をしたい場合は、部分脱毛でお店を選ぶ時よりも慎重になりましょう。
全身の施術を完了させるまで、何度もお店に足を運ばなくてはなりません。
嫌な印象を持ったり、不信感を抱いたままで施術を受けるのは苦痛でしかありません。

電話応対の印象のよさ、実店舗の雰囲気、そして価格と提供コースの種類などチェック項目はたくさんあります。
そして重要なことがもう1つあります。
それはスタッフの印象です。全身を預けて、通うのですから嫌な人に自分の体を触られていてはリラックスして施術が受けられません。
よいスタッフの見分け方はやはり第一印象ですが、その他、声のトーンが柔らかいとか、話を聞いてくれるなどあなたのインスピレーションと合う人がいると最高ですね。

広告はちゃんとしてる?

きちんとした企業であれば、インターネットのホームページも新聞の折り込み広告もしっかりとした広告を出せています。
宣伝費にお金をかけられる土台がなければできません。
大手なら安心というわけではないですが、返金保証や、トラブルへの対処などがルール付けされているところなら安心して施術が受けられます。

出ている情報は、施術を受ける側もきちんと読む必要があります。
よくあるトラブルは、読んでいないことによっておきます。
後からここに書いてありますよと言われても、消費者側は腹の虫が収まりませんが、問題は法律上解決されてしまいます。

小さく記載してある、初回限定・途中解約や違約金が発生しますなど重要なキーワードがあちこちに書か
れていますよ。
見落とさないように面倒でも熟読しましょう。

メリットは自分にマッチしてる?

駅から近い、駐車場があるなど契約書やホームページには記載のない細かいところであとから苦労することもあります。
駐車場がなくて、電車やバスを使わないと通えなかったでは、通うのが面倒になってしまいます。

施術後に保湿クリームが施される、待ち時間にお茶が出るなどエステを行う側は快適に過ごせる場所を提供できるように準備をしてくれているはずです。
エステに通う醍醐味です。

もちろん大切なのは、脱毛の提供内容が自分の希望をマッチしているかです。
いらない施術がついていて、通う回数が多くなってしまっていたり、値段が高くなっていないか契約内容をよく確認しましょう。
セットで契約することで少し高くなっても、メリットが感じられればそれは損にはなりませんね。

口コミはどう?

便利なインターネットの時代です。通いたいなと思った店舗の口コミを調べてみるのもどこがいいのか迷った時には有効な手段です。

注意すべきは、口コミが100%真実とは限らないということを忘れないことです。いい口コミだけを鵜呑みにしていては、騙されてしまうこともあります。
が悪い口コミばかりあったらほっておくはずがありません。

口コミを読む時は、具体的に書いてあって真実味がるかどうかを見極めなくてはなりません。
「とにかく良かった」「すごくいい」だけの書き込みはスルーして、「トイレが掃除が行き届いていてきれいだった」「受付の人の対応が良かった」など店舗の様子やサービスが見える口コミを参考にしましょう。

契約は細かくチェック

細かい文字がズラズラと並ぶ契約書は読むのもうんざりです。もし、その場で読む時間がなかったとしても帰宅してからもう一度、契約書を読み直しましょう。
サインをした契約書はトラブルが起きた時に、自分に有利にも不利にも働きます。

説明を省略したがるところはNG

申し込みの際は時間がなくて説明も大事なところだけになる場合が多いものです。
でもまずは説明を受けた内容の中だけでもわからない単語やわからない内容があった時は必ず聞き返しましょう。
その際に、契約の説明を渋ったり、誤魔化したりするようなら要注意です。
店舗に問題があるか、応対したスタッフに問題があるのか見極めなくてはなりません。

疑問に答えてくれないところはNG

正直に言って、店舗側からすれば質問ばかり投げつけてくる顧客はめんどうなものです。
疑問を持つ側のわたしたちも聞き方くらいは常識とマナーを持って質問をしましょう。
その上で、疑問に答えてくれない店舗はやはり要注意です。
お金をドブに捨ててしまうような契約にならないよう、トラブルは事前に避けられるようにしましょう。

結局は人次第?

どのエステも施術の技術やプランは競合相手に負けないよう消費者にとって充実した内容を提供してくれています。
あれこれ悩んだけれど結局、最後の決め手はスタッフの〇〇さんだったというのはエステ業界に限らずよくある話です。
エステ中も人ありきの空間です。できるだけ気持ちよく施術が受けられるところを選びたいものです。







-脱毛クリニック, 脱毛サロン

Copyright© 脱毛口コミの脱毛サロン女子 , 2017 AllRights Reserved.