脱毛クリニック 脱毛サロン

VIO脱毛をエステと医療機関で比較してみました!

投稿日:

【目次】
大切な部分だからしっかり理解してから
VIOラインそれぞれのトラブル
 ・自分にはどこまで必要?
 ・脱毛して後悔しない?
エステでvio脱毛するメリット
 ・相談も気軽に
 ・デメリット
医療機関でvio脱毛するメリット
 ・トラブルに対処してもらえる
 ・デメリット
施術後の自己管理
 ・清潔に保つ
 ・刺激を控える
脱毛で女子力UP

大事な部分だからしっかり理解してから

vio脱毛は大切な部分だからこそしっかりと理解してから施術してもらいましょう。
Vio脱毛は、Vラインのみの脱毛にとどまりません。
もちろん、施術のコース選択でビキニラインのみ、Vラインのみと施術箇所を細かく指定してお願いすることは可能ですが、その他にもIライン・Oラインも脱毛が可能です。
デリケートゾーンを他人に任せるわけですから、しっかりと施術の内容を理解しておくべきです。

エステによっては全身脱毛と合わせてセットで施術するコース、また様々なキャンペーンの1つだったり契約も複雑です。
後々、契約でトラブルがおきたりしなよいうにしっかりと確認しておきましょう。
もしも施術の途中での、内容変更が出た場合のリスクも聞いておくことをオススメします。

V・I・Oラインそれぞれのトラブル

それぞれの箇所に起こり得るトラブルは女性にとってとても不快なトラブルばかりです。
男性にはわからないこの悩みは一生ついてまわりますから、vio脱毛で悩みが解消できれば快適に過ごすことができるようになります。

Vライン・・・整えないと下着からむだ毛がはみ出てしまい、水着を着る時に困ります。
       これは見た目にもとても恥ずかしく女子力が疑われます。
       vio脱毛を考えた人の多くがこの悩みを持っています。

Iライン・・・デリケートゾーンにむだ毛が多いと生理中に血液がついてしまいとても不快です。
      衛生面でも清潔さが必要になるところなので、女性には重要な箇所です。

Oライン・・・肛門部分がOラインです。ここに、むだ毛があると最悪、便がついてしまうことも。
      見られることはほとんどありませんが、誰にも相談できない箇所なので悩みは深刻です。

どの部位も、暑い夏や運動で汗をかいたと時は熱でムレて不快な箇所です。
ムレると、臭いのもととなるので、気になってしかたがなくなります。
それぞれの箇所のトラブルは、コンプレックスにもなり得ることばかりです。
脱毛によって、悩みが解消できるのならと期待が膨らみます。

自分にはどこまで必要?

Vラインの施術は幅広い人が施術を試してみたいと思う箇所です。
下着からのむだ毛のはみ出しが気になっている人にぴったりです。Vラインが整っていれば、十分という人もいるかもしれません。
また、IラインやOラインに悩みを抱えている人にとってはハイジニーナ(全処理形)を希望するかもしれません。
自分にとってどこまでが必要な脱毛なのかよく考えてみましょう。
不必要な施術や気の進まない施術があれば、ちょっとひと呼吸おいてよく考えましょう。

脱毛して後悔しない?

恥ずかしさを偲んでせっかくうけたvio脱毛ですが、むだ毛の処理をした箇所が希望を違っていたら後から後悔しかねません。
Iラインの脱毛をすることでVラインとの見た目のバランスが悪くなり、いかにも脱毛処理をしました感がたっぷりと出てしまって銭湯などで恥ずかし思いをしてしまうこともあります。
また、日本ではまだハイジニーナ(全処理形)はそんなに浸透していません。
公共の銭湯などでは、目立ってしまうかもしれません。
脱毛したむだ毛は、同じように生えそろうことはありません。
施術には少なからずとも痛みを感じる人もいるので、後悔をしないようにしてください。

エステでvio脱毛するメリット

脇や手足の脱毛をしたエステが好印象であれば、そのままそこで施術をお願いできます。
信頼関係が築かれているので安心ですね。
エステでvio脱毛をするメリットは、やはりエステの優雅な雰囲気の中で施術を受けられることです。恥ずかしい気持ちのままではリラックスできません。
施術は医療機関で使うレーザーよりも出力が少し弱めの医師でなくても使用できる器具を使います。
医療用より若干出力が弱いので、医療機関で施術するよりも長くかかります。

相談も気軽に

同じ女性同士で、悩みも理解してもえるエステでは不安に思うことをなんでも気軽に質問できそうです。
女性ならではのサポートが安心させてくれます。
生理中の不快な悩みなどは女性でなければ理解しづらいものです。そういったメンタルを含めた相談が可能です。

デメリット

何か肌のトラブルがあった時に、相談にはのってもえますが薬が処方してもらえません。
別途、皮膚科などを受診しなくてはならないかもしれません。
医療機関の施術に比べて期間が長くなります。

医療機関でvio脱毛するメリット

医療用レーザーで施術するので、エステでの施術より回数が少なくすみます。医療用レーザーは医師にしか使えないので施術は医師にしてもらえるので腕は確かです。
エステに比べて施術期間が短くなります。

トラブルに対処してもらえる

もともと肌にアトピーがある人などは、施術後の肌のトラブルなどがあればすぐに薬を処方してもえるので心強いですね。

デメリット

病院ですので、土日祝はお休みです。社会人だとなかなか通院が難しいかもしれません。
エステは施術に来た人はお客様ですが、医療機関では患者さんです。
エステのようなきめ細かいフォローはありませんので、期待をしてはいけません。

施術後の自己管理

デリケートな皮膚に施した脱毛の後は、ケアが必要です。
大きな負担を肌にかけたことになりますのでいたわってあげましょう。
入浴時もゴシゴシこすることなどしないように、あまり締めつけの強い下着やジーンズなども避けたほうが無難です。

清潔に保つ

当たり前ですが、脱毛後は清潔にしておかなくてはなりません。エステでも説明がると思いますが、肌が敏感になっていますので数日たっても赤みや痛みがある場合はすぐに連絡をしましょう。
肌をタオルで冷やして赤みやかゆみがあれば肌のほてりをしずめます。
保湿クリームなどで保護してあげましょう。
清潔にするあたり、お風呂でゴシゴシこすったり、熱いシャワーをあてたりするのも控えます。

刺激を控える

デリケートゾーンなので大丈夫かと思いますが、紫外線があたらないように気をつけてください。
脱毛による刺激のせいでかゆくなることもありますが、無意識にかきむしったりしないように気をつけましょう。
体を締め付ける服も知らないうちに施術箇所を刺激してしまうので、ゆったりをした服装をオススメします。

脱毛で女子力UP

脱毛をした後はケアを怠らずに、キレイな肌が持続できるようにきをつけてください。
Vio脱毛が終わると、目で見える外側のキレイさよりもワンランク上のキレイを手に入れた気分を味わえます。
なかなか見せる機械も、話す機械もないアンダーヘアの脱毛ですが、終わってみれば誰かに聞いてもらいたくなって仕方がないかもしれません。
女子力がUPした自分に自信を持って今までできなかったファッションなどにもトライしてみてください。







-脱毛クリニック, 脱毛サロン

Copyright© 脱毛口コミの脱毛サロン女子 , 2017 AllRights Reserved.