脱毛サロン

vio脱毛ってどういう意味?どこの部位の脱毛なの?徹底解説!

投稿日:

【目次】
vioって?
vio脱毛って? 
・海外セレブで流行
Vioの自己処理
・自己処理のトラブル
vio脱毛は追加施術がお得?
vio脱毛は痛い?
vioの脱毛は恥ずかしい 
・女性スタッフが対応します
・デリケートゾーンの悩みを解消
・脱毛の箇所はよく話し合って
他の脱毛からスタートした人が施術に
内側からキレイに

Vioって?

Vioはブイアイオーとそのままで読みます。
アンダーヘアのラインであるVライン・Iライン・Oラインの頭文字を並べて付けれらています。

・Vライン
アンダーヘアの逆三角形のエリアをVラインといいます。
Vラインという言葉は聴き慣れた言葉なのでどのエリアなのかよくわかります。
Vラインが処理されていないと下着からむだ毛がはみ出てしまったりします。

・Iライン
Iラインはデリケートゾーンの部分になります。
Iは女性器をさしていますので、通常は見えるようなエリアではありません。
Iラインのむだ毛が多いと、生理中のムレや臭いの原因になりやすいので女性にとって密着した問題です。

・Oライン
Oラインは肛門の周りのエリアです。
多数ではありませんが、Oラインのむだ毛に悩む女性は恥ずかしくて誰にも言えないまま我慢しているのが問題です。

V・I・Oのラインそれぞれの悩みは本当にデリケートで人それぞれです。

vio脱毛って?

 
vio脱毛はハイジニーナ脱毛とも言います。
一般的にはこのハイジニーナ脱毛、vio脱毛とはアンダーヘアの全てを脱毛することを指しています。
Vライン・Iライン・Oラインの全ての全処理です。
衛生面を重視する点から処理をすることはおすすめできますが、全処理はなかなか抵抗があります。

海外セレブで流行

海外セレブがこのvio脱毛をしていることで周知されるようになりました。
下着やファッションに響かないアンダーヘアにするために、全処理したセレブたちの流行が日本でも女優やモデルに広がりました。
そこまでセクシーな下着やファションをすることがない一般人までもがその流行に目をつけ、認知されるようになったのです。

とは言え、全処理には抵抗がある人がほとんどで。
そこで、VラインだけIラインだけなど部分的な脱毛が広まりました。

Vioの自己処理

恥ずかしい部分なだけに、自宅で自己処理する人がおおいvio。
どんな自己処理をすればいいでしょう。

カミソリで剃ったりピンセットで抜いたりするのがオーソドックスです。
中には痛みをこらえてワックス処理をする人もいますが、かなりの苦痛でを伴いますのでオススメできません。

もし自宅で処理するなら電気シェーバーをおすすめします。
カミソリより肌が切れることもなく安全ですし、ピンセットで抜くような手間もかかりません。
家電売り場でも手に入れることができるので、自己処理を考えている人は一度、検討してみてください。

自己処理のトラブル

自己処理にはトラブルがつきものです。
特にデリケートゾーンであるvioは皮膚も薄く、黒ずみや埋没毛の原因を作ります。
見た目の肌への負担に留まらず、処理時の痛み、また処理後のヒリヒリとした炎症のような痛みはとても苦痛です。

vio脱毛は追加施術がお得?

だいたいの相場として6回の施術で2~6万円程度のようです。
無料のカウンセリングや、その他のサービスは各エステによって様々です。

デリケートゾーンは、トラブルが怖いのでよく調べて安心して施術を受けるようにしたいですね。
各エステでのキャンペーンや追加施術による割り引きなどを利用して、負担を少なくして施術できるところが多いようです。
全身脱毛に値段が組み込まれているエステもありますので、単体で考えるよりもお得に施術してもらえる+αとして考えられると恥ずかし箇所ですが、気楽に受けられます。

vio脱毛は痛い?

とても皮膚が薄い上に、通常はこのような刺激を受けることもない箇所なので痛みを感じる人がおおいです。
痛みを感じる程度というのも人それぞれで、痛みにもともと敏感な人はより強く痛みを感じます。
痛みをできるだけ感じないように、施術前にはvioゾーンを冷やしてからスタートしますがあまりに痛みを感じる時は我慢せず、スタッフに声をかけましょう。

vioの脱毛は恥ずかしい

 
恥ずかしいから施術から目を背けていた人がほとんどですので、当然ながら恥ずかしいと言うしかありません。
Vラインは他ラインに比べてまだ施術に抵抗が少ないのですが、Iライン・Oラインになると全てが見られることとなるので恥ずかしさは隠せないでしょう。
ただ、施術中はタオルを目にかけてもらえたりとなにかしらの対応をしてくれるので、施術中は目を閉じてリラックスしてプロに身をまかせましょう。
相手はプロですので、適切に施術に集中しくれますので安心してください。

女性スタッフが対応します

念のため、確認してみたくなることですが女性フタッフが対応をしてくれるので安心してください。
相談から施術まで、男性が対応することはありません。
そうでなければ、顧客側もリラックスして通えませんね。

デリケートゾーンの悩みを解消

エステは美容ですので、当然ながらこのvio脱毛もキレイになるための施術です。
しかし、見た目のキレイさを求める手足の脱毛とは少し違います。
外見からはどこがきれいになったかわからないのがvio脱毛です。
しかしデリケートゾーンが、脱毛によってキレイになることで様々なデリケートゾーンの悩みが解消されます。

・むだ毛による不快なムレがなくなる
・生理中のムレからくる臭いの減少
・Iライン処理による生理中の血液の汚れの減少
・Oライン処理による肛門付近の衛生面の心配がなくなる

女性にとって生活に密着した悩みを解消してれくれます。
とくに臭いは、対処が難しいのでむだ毛がなくなることで改善に向かうのは嬉しいですね。

脱毛の箇所はよく話し合って

デリケートな部分なだけに、トラブルにもなりやすい箇所でもあります。
処理してしまった毛は元に戻りませんので、見た目のシルエットの希望などはよく打ち合わせをしてから施術に臨みましょう。
全処理がいいのか、もしくはVラインだけいいのかでも、値段もかわってきます。
またセットで施術をした場合も、途中での変更希望はしっかりと伝えておかなければ後々のトラブルになりかねません。
気持ちよく施術してもらうために、どこまでの処理を望んでいるのか明確にしておきましょう。

他の脱毛からスタートした人が施術に

エステの施術申し込みで、最初にvio脱毛を申し込む人はそんなにいません。
脇の脱毛や、手足の脱毛を体験した人が施術に信頼を寄せてくれたことで、他の部位への施術に興味を持ってくれた流れでvio施術を決める人が多くいます。

全てをさらけ出して受ける施術なので、信頼関係があれば安心して申し込みもできそうです。

内側からキレイに

見えないところをキレイにしても、関係ないように思われそうですがそんなことはありません。
今まで履くことができなかった、下着や下着のラインが気になって履けなかったパンツなどにチャレンジしてみるきっかけになります。
内側がキレイになることで自分に外からは見えない自身がついてくれます。
思い切ってまずは相談してみてください。







-脱毛サロン

Copyright© 脱毛口コミの脱毛サロン女子 , 2017 AllRights Reserved.