全身脱毛 脱毛サロン

未成年が全身脱毛をするならどこがいい?理解しておくべきポイントと未成年者向けオススメ脱毛サロン

更新日:

未成年が全身脱毛をするときの注意点をまとめてみました!また未成年にオススメのキャンペーンやオススメ脱毛サロンなどを紹介していきます。

【目次】

未成年者の脱毛って何歳からできるの?
未成年者の脱毛行為の注意点とリスク
・肌への負担と影響
・ホルモンバランスと発毛の関係
・承諾者が男性の場合
・日焼けをした箇所の施術はNG
・ニキビなどの肌荒れは施術不可能
未成年者のサロン選びのポイント
・大手サロンがオススメの理由
・万全なアフターケアを
・通える範囲で予約の取りやすいサロンを選ぶ
通う上で必要なものは?親の同伴は必要?
未成年者向けのオススメサロン

未成年が全身脱毛をするならどこがいい?理解しておくべきポイントと未成年者向けオススメ脱毛サロン

一昔前までは未成年がエステサロンや脱毛サロンに通うなんて…という意見も多く、成人しないと通えないサロンがほとんどでした。
ですが、今では早い子で小学生からメイクをしたりエステに通うなどの行為も一般的に広がりつつあり、全身脱毛をする子も珍しくありません。
特に年頃の女の子は好きな男の子や同級生の視線が気になり始める頃。
ファッションやヘアメイクなど、見た目に気を使う年頃だからこそ、ムダ毛の処理は欠かせないものです。
今でこそ未成年者の脱毛を受け入れるサロンも多くなり、親御さんと一緒に通ったり、学生キャンペーンを打ち出しているサロンも数多くあり、気軽に始められるようになりました。

ただし、やはり未成年者ですから必要に応じた手続きや親御さんの承諾も必要不可欠になります。
成人するまでは、親御さんの協力も必要になりますから親御さんも安心して通わすことのできるサロン選びをしましょう!

未成年者の脱毛って何歳からできるの?

未成年者と言えども、ほとんどのサロンでは16歳から契約可能になっています。
16歳からというのは一般的な基準になりますので、もっと若くても通えるサロンも多くあります。
サロンによっては「生理が2回以上来ていて毎月安定している」等の年齢以外の基準を設けているサロンもあります。
この基準であれば、16歳に満たなくても小学校の高学年であれば施術可能ということになります。
ただし、若いうちからの脱毛行為にはリスクや注意点があります。
きちんと理解した上で施術するようにしましょう!

未成年者の脱毛行為の注意点とリスク

脱毛サロンに通うことで、ムダ毛が無くなりツルツル素肌になればムダ毛処理の手間も省けて、間違った自己処理法で肌を傷つける心配もありません。
ですが、未成年者のサロンでの脱毛行為はメリットだけではありません。リスクが全くないとは言えないのです。

〜肌への負担と影響〜

未成年者の皮膚細胞は分裂、成長する速度が速い特徴があります。20歳までは成長分裂が常に繰り返し行われます。しかし、成長している途中、細胞分裂途中にフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光を照射すると成人途中の細胞を破壊することになります。
レーザー脱毛に比べてフラッシュ脱毛が主流の脱毛サロンでは肌への負担も最小限に抑えることが出来るため、肌トラブルも避けることができますが、全くないとは言えませんのでカウンセリング時にそのリスクをきちんと説明してもらうようにしましょう。

〜ホルモンバランスと発毛の関係〜

未成年者が脱毛を進める上で成人に比べると毛の再発リスクが高いということが言えます。
生理がまだきちんと来ていない年齢ではホルモンバランスが整っていないため、毛周期が不安定なことから一定のサイクルで毛の生え変わりが行われません。このホルモンバランスが不安定なときに照射してもムダ毛がまだ生えてきてしまうことが考えられます。
初潮が始まってから4.5年以上経つと次第にホルモンバランスも安定して来ますので、そのくらいの時期を見て脱毛を始めると効果をきちんと得られるでしょう。

〜保護者(承諾者)が男性の場合は注意〜

脱毛サロンでは「女性専用」や「男子禁制」のサロンが多く、カウンセリング時や契約時に保護者の同伴をする際に父親などの男性の場合断られることもあります。
その際は承諾書+電話での確認等、各サロンで対応方法が異なりますので事前に調べておきましょう。

〜日焼けをした箇所の施術はできません〜

未成年者、特に学生のうちは体育やプールの授業、部活などで日焼けをする機会も多いですよね。ただし、フラッシュ脱毛が主流の脱毛サロンでは日焼けをした直後の施術はできません。
黒いものに反応する機械を使用して脱毛していくため、日焼け後の黒い肌に反応し肌自体が火傷状態になる場合があるからです。
日焼けをする可能性がある日をきちんと把握した上で予約を取らないと、急なキャンセルは消化扱いになり1回分が無駄になることもありますので注意が必要です。

〜ニキビなどの肌荒れは施術不可能〜

思春期真っ只中の中高生に思春期ニキビなどの肌荒れはつきものですよね。
顔だけではなく、部活などで汗をかくことで背中ニキビや胸、デコルテにもニキビが出来てしまうことも少なくなくありませんよね。
また、もともとアトピー性皮膚炎がある場合も炎症を悪化させてしまったり余計に乾燥させてしまい痒みを促進してしまう場合があるため、施術することができません。
様子を見て肌状態が落ち着いてから施術を受けるようにしましょう。

未成年者のサロン選びのポイント

部分脱毛に比べて全身脱毛となれば、ある程度の回数と期間が必要になります。まずは本人が楽しみながら通うことが大前提としてありますが、未成年者が全身脱毛を通う上では親御さんの承諾が必要になります。
そのためには親御さんが娘さんを安心して通わせることのできるサロン、そして楽しみながら通えるサロンを選ぶことが大切になります。

〜大手なら安心!オススメする理由〜

大手脱毛サロンは常に最新の脱毛機器を導入しているため高い効果が期待できます。
また研修制度が充実しているため、照射技術にばらつきがありません。
また、学生向けのキャンペーンの打ち出しも行なっているため、個人サロンよりもリーズナブルに施術を受けることができます。

〜万全なアフターケアを〜

万が一のトラブルに備えてアフターケアが手厚いサロンを選ぶことをオススメします。
医療機関と提携している脱毛サロンなら施術ミスを起こした場合も適切な処置を受けることができます。
また自宅での正しいホームケアについても親身になって相談に乗ってくれるスタッフが在籍するサロンは安心して通うことができますよね。

〜通える範囲の店舗を把握し、予約の取りやすいサロンを選ぶ〜

未成年者、特に中高生は自宅や学校から通える範囲に店舗があるのか確認しましょう。
あまりに遠すぎる場合は通い続けることが困難になることもあります。また、その都度親御さんと一緒に来店するようであれば、互いの都合のつきやすい日にきちんと予約が取れるのかも確認するべきポイントです。

通う上で必要なものってなに?親の同伴は必要か?

まず未成年者が脱毛サロンで契約する上で設けられている条件は以下の通りです。

✔︎親御さんと同伴する
✔︎承諾書のみでOK
✔︎承諾書+電話での確認

主にこの3つが一般的です。
親御さんと同伴出来れば理想的かつスムーズに契約することが出来ますが、必ずしも必要である訳ではありません。中には同伴することを前提として案内しているサロンもありますが、基本的には承諾書があれば契約することができるサロンが多いです。
また承諾書+電話での確認をするサロンなどもあるため親御さんには嘘をつかずに事前にきちんと伝えておきましょうね!

承諾書の内容は各サロンで様々ですので公式ホームページなどから記入項目(親権者氏名、連絡先、捺印があればOK)を確認しましょう。

未成年者向けのオススメ全身脱毛サロン

〜キレイモ〜

・対象年齢特になし
・親権者の同伴or承諾書に署名、捺印でも可
◆学生割引
全身12回パック通常金額より、25.100円割引

背中脱毛

〜脱毛ラボ〜

・年齢制限無し
・親権者の承諾書のみでOK
◆学生割引
10%オフ(月額制を除く)
「選べる部分脱毛」

〜C3〜

・対象年齢特になし
・親権者の承諾書のみでOKだが、定額制、後払い制を利用する場合は親権者の同伴来店が必要(初回のみ)
♪学生割引
なし(家族割などがあるため親御さんと通うならお互いにお得)

〜銀座カラー〜

・16歳以上(2回以上生理が来ていて安定している人)
※全身脱毛は18歳以上
・親権者の同伴が望ましいが同伴できない場合は承諾書のみでOK
◆学生割引
コース料金10%オフ
銀座カラー

若いうちからの全身脱毛はメリットばかりではありませんがきちんとした知識を身につけて、リスクや注意点をきちんと理解し、安心して通えるサロン選びをすることが大切です!
また、学生のうちしか利用できない学生割引など、各サロンでお得な制度も充実してますからどんどん活用してお得に楽しい脱毛ライフを送りましょう!







-全身脱毛, 脱毛サロン

Copyright© 脱毛口コミの脱毛サロン女子 , 2017 AllRights Reserved.