脱毛サロン

脇の脱毛期間ってどのくらいかかるの?長い!?最短期間は?

更新日:

サロンに通うのは2~3ヶ月に一度

脱毛に通う期間中、そのサイクルはだいだい平均して2~3ヶ月に1回程度です。1回で終わらないどころか、次の予約は数ヶ月先です。
脱毛のためなら予定ならいくらでも空けられるのにどうしてでしょうか。

せめて毎月施術したい
数ヶ月先の予約では、待ちきれないしどうしても来月には、ツルツルの肌でレジャーに行きたいとせめて
予約は来月に・・・。そう願っても残念ながらその願いは叶いません。
脱毛をすることはもちろん可能ですが、その場しのぎになるだけで効果は持続せず、施術回数を増やすことになるだけだからです。

どうしてもダメなのはなぜ?

すぐに脱毛の施術をしてもらえないその訳は、人間の体の仕組みにあります。
毛周期が2~3ヶ月の周期で繰り返されているからです。こればかりはどう焦っても対処することができません。

毛周期ってなに?

毛周期とは毛が生える周期のことです。この毛周期を無視して脇の脱毛をしても効果は半減してしまい、早く脱毛をしたいと望んでいたのに、結果的には長期化する可能性があります。

どうして効果がないの?

脱毛に使用しているレーザーは成長期の毛にだけ効果を発揮します。なぜならレーザーは黒いメラニン色素に反応をするからです。
成長期の毛が一番色が黒くレーザーが毛根まで届くからです。それ以外の休止期や退行期に脱毛をしても毛は抜けますが効果は半減してしまいます。
効果があまりないのならわざわざ回数を増やす必要はありませんし、無駄になってしまいます。

毛の休止期って?

ムダ毛は体の中に埋もれている部分は、これから伸びるために成長できるのを待っている状態です。この毛の埋もれている期間を休止期といいます。
休止期を終えた毛は体の表面にでてきますが、いきなりドンと出てくるわけではありません。2~3ヶ月後に隠れていた部分の一部がでてくるだけです。
出てきた成長期の毛を脱毛することが一番効果的なので、脱毛の好機にはやはりサイクルが重要になります。

脇は範囲がせまいのに?

脇の脱毛は手足に比べて範囲がとても狭いのですが、だからと言って脇の毛の毛周期が早いわけではありません。
むしろ自己処理をし続けたことで脇はダメージを受けていることが多くトラブルだらけです。

脇はトラブルを抱えている

カミソリやワックスで自己処理を続けてきた脇は、肌が黒ずんだりガサガサになっています。自己処理によって傷つけられ続けてきているのです。
毛抜きで抜く時に毛根が残ってしまったり、カミソリで剃るということは肌の表面を削ることでもあります。
取り敢えず抜くだけ、剃るだけの自己処理の脱毛は、簡単ですが脱毛期間はそんなに長く続かないので毎日でも気になって自己処理をしてしまいます。続かないからまた抜くを繰り返すことで延々と脇を傷つけることになります。

どこのエステでも期間は同じ?

答えはyesです。本当に効果をよりよくだそうとするエステならむやみに脱毛期間を縮めるようなことはしません。
無駄な施術に時間を割くのは、肌にも金銭的にもいいことはありません。
そのようなエステに行ってしまったら早々に別のエステに通いなおしたほうがいいかもしれません。

プロに任せる

脱毛を本当にきれいにしたいのなら、やはりプロに任せるのが一番です。脱毛にも2つのプロがいます。
1つはエステ、もう1つは医療機関(皮膚科)です。

皮膚科で脱毛ができる?

実は知らない人も多いのですが、皮膚科で脱毛は可能です。医療用脱毛機器を使用するので効果はエステより上回ります。
医療行為とみなされるので、施術は医師が担当することになります。医師がいないところでは脱毛はできません。

皮膚科なら期間は短くなる?

いくら医療の力を借りて脱毛をしても、先の説明の通り、脇の毛の毛周期は変わらないので劇的に脱毛期間が短縮されるわけではありません。
皮膚科で施術してもらっても、若干短くはなりますが、脱毛期間はあまりかわりません。

エステと医療の違いは?

エステで使用されるレーザーは医療用よりもレーザーの出力が弱く、強い出力のものは使用できません。
毛乳頭を破壊し毛が生えてこなくなるような施術は、医療行為とみなされ医師でなくては施術が禁止されています。
完全に生えてこなくする永久脱毛は医療機関でしかできないことになります。
医師が在住するエステであればこの限りではありません。

脱毛期間はどれくらい違うのか

エステでの脱毛は10回程度、医療での脱毛ならその半分とまでいかずとも期間を短くすることができます。
ともに1年から1年半程度の期間を必要とします。かなりの期間が必要です。

せっかく通うのなら気分良く

お金をかけて時間をかけて通う脱毛。
どこでもいいやという訳にいかなくなってきましたね。
エステのメリットは、高級感や特別感にもあります
脱毛だけではなく、予約から施術後まで細やかなサービスが提供されます。
明るい雰囲気、きれいな個室で施術してもらえるなど、気分良く脱毛をすることが可能です。

医療機関のデメリットは?

施術以外に関して言えば、サービスが悪いということです。サービスが悪いというのは、施術が下手ということではありません。
脇の脱毛に行っても、お茶は出ませんし、脱毛に関する心理的なカウンセリングはありません。
施術も個室ではなく、処置室なのでゆったりとしたエステの雰囲気とは異なります。

医療機関でのメリットは?

患者さんとして扱われる医療機関での施術にメリットはあるのでしょうか?
医師が担当するので、施術中もその後も万が一のことがあれば、対処してくれるというメリットがあります。
安心して施術が受けられるのは大切です。術後の肌のトラブルに薬を処方してもらえるのは医療機関にしかできません。エステでは真似できないサービスです。

予約はできる?

通う医療機関にもよりますので確認が必要ですがエステは予約制なので、自己管理がしやすくなります。
待ち時間も医療機関に比べれば予約優先、もしくは予約のみなのでスケジュールが立てやすいのがメリットです。
長い期間、脱毛に通うのなら予定がはっきりしているのはありがたいですね。

自分にあった脱毛を選ぶ

脇の脱毛をエステの新聞広告を見て思い立ったなど、脱毛のスタートは人それぞれです。
いつまでに脱毛したいとか、かけられるお金だったり、通える頻度によって自分にあった脱毛を見つける必要があります。
無理をすれば、大切な時間と労力を無駄にしていしまいます。

まずは問い合わせを

脱毛はどこに通うか迷って当たり前です。わからなければ、聞いて確かめなくてはなりません。
直接行くのは勇気がいるので、電話かメールでまず問合わせてどんな施術をどれくらいの期間がかかるのか、脇の脱毛ならいくらくらいでできるのか確認しましょう。

キャンペーンはお得?

広告で見かけるエステのキャンペーン。
これは医療機関ではみられないサービスです。
広告はお得と言って間違いありませんが、+αがある場合があります。
他の施術をすすめられたり、キャンペーンでは補えない施術がある場合もあります。
広告はすみの小さな注意書きまでしっかりと熟読して、納得のいく脱毛方法を選びましょう。







-脱毛サロン

Copyright© 脱毛口コミの脱毛サロン女子 , 2017 AllRights Reserved.