脱毛部位

VIO脱毛、実際に体験してみたら…あなたの不安を解消します!

更新日:

やっぱりチャレンジしたい、アンダーヘアの脱毛!

楽しみにしていた彼との海デートところがいざ水着に着替えてみたら、ビキニからアンダーヘアが…。しまった!こんな経験はありませんか?
美容的にはもちろん、未処理のアンダーヘアは、生理の時の匂いやムレ感の原因にもなります。
欧米では、すでにアンダーヘアが生えていること自体が不衛生と考えられている面も。必要のない部分はすっきりと脱毛して、清潔で快適な毎日を手に入れましょう!

でも…。脱毛はまだ未経験だったり、ワキだけしかやったことのない人も多いですよね。デリケートゾーンの脱毛はしてみたいけれど、心配な点が多いと、なかなか決心がつかないもの。そこで今回は、実際に体験した人の体験談をもとに、あなたの不安をバッチリ解消します!

脱毛サロンで呼ばれている「VIO」って何?

アンダーヘアの脱毛は、サロンでは主に「VIO脱毛」や「ハイジニーナ脱毛」と呼ばれています。VIOとは、正面から見たアンダーヘア部分(Vライン)、性器の周辺部分(Iライン)、肛門部分(Oライン)を合わせた呼び名です。
また、ハイジニーナとはギリシャ語で「清潔」を意味します。

まずはカウンセリングを予約しよう

まず、気になるサロンにカウンセリングの予約を入れましょう。
予約が完了したら、サロンから返信が来るはずです。カウンセリングは、施術に対しての「事前打ち合わせ」のようなものです。カウンセリング自体は無料ですし、何でも気軽に相談できる場だと考えてくださいね。

カウンセリング当日は、個人情報のほか、アレルギーの有無や薬を服用しているか、妊娠はしていないかなどを質問表に記入していきます。

その後、サロンの担当者により料金や施術当日の流れや注意点の説明があります。どんな風に脱毛を進めていきたいか?肌荒れはしやすいか?等、丁寧にこちらの希望を聞いてくれるサロンなら安心です。もし、説明でわからない点や不安な点があれば、この時点で質問しておきましょう。
またサロンによっては、キャンセル料や解約手数料、振替ルールなどに独自の決まりを設けているところもあります。
これから何度も通うことになるサロンなので、ルールに関しては説明をしっかり聞いておくことをおすすめします。
納得して脱毛する気持ちが固まったら、契約手続きに入ります。契約を済ませたら、あとは当日を待つのみです!

契約したら、施術当日までにやっておくこと

シェービングを済ませておこう

サロンにもよりますが、自己処理するように言われた場合は、忘れずにシェービングを済ませておきましょう。
剃り残しがある場合、毛が伸びていては意味がないので、可能であれば前日か当日に処理します。
アンダーヘアは太く量も多いので、あらかじめカットした後に電気シェーバーで剃っていきます。カミソリは肌の角質層を傷つけるため、デリケートゾーンへの使用はおすすめしません。
また、サロンによってはシェーバー持参で、スタッフの方がシェービングしてくれるサービスがあるところも。サロン毎にVIOラインの自己処理ルールは異なるので、事前に確認が必要です。

生理の予定に注意!

VIO脱毛は、生理中には行うことができません。
生理中は普段より肌が敏感になっていることと、衛生面で好ましくないことが理由です。

もし、予約が生理の予定と重なりそうな場合は、早めにキャンセルの連絡をしましょう。振替やキャンセルポリシーはサロンによっては異なりますが、当日キャンセルはキャンセル料がかかる場合もあります。

当日の服装や髪型は?

施術の時の服はサロンであらかじめ用意されているので、特にこれといった決まりはありません。とはいえ、スムーズに施術ができるよう、脱ぎ着しやすい服装がベターです。
また、髪型はロングヘアの場合、一つにまとめるようお願いしているサロンが多いようです。

当日の流れ

遅刻は厳禁!

多くの脱毛サロンでは、遅刻は厳禁です。中には遅刻によって、施術を断られてしまうケースも。スケジュールを無断にしないためにも、余裕を持ってサロンに到着できるようにしましょう。

当日、サロンに着いたら

サロンで受付を済ませると、施術室に案内されます。身につけている下着と服を脱いで、用意されているガウンやラップタオルを身につけます。サロンによっては、使い捨ての紙ショーツが用意されている場合もあります。

眩しくないようゴーグルやタオルで顔を覆い、施術が始まります。
まず脱毛する箇所に傷や発疹などがないかチェックしていきます。
問題なければ消毒し、脱毛用のジェルを塗布し、脱毛機器のライトを当てていきます。
ライトを当てた瞬間は、やはり一瞬チクっとした痛みを感じる人が多いようです。

また特にデリケートゾーンに関しては、スタッフが「今からライトを当てていきます」など、声かけをしてくれるサロンもあります。

VIO脱毛にかかる時間は、平均して10分程度です。施術が終わったら、冷却ジェルやパックで脱毛した箇所をクールダウンします。

特に肌に問題がなければ保湿ローションなどを塗って、ドキドキのVIO脱毛は終了です。お疲れ様でした!
サロンからも説明があるかと思いますが、脱毛当日は、肌がとてもデリケートな状態です。飲酒や入浴、激しい運動は避けましょう。

どんな姿勢で脱毛するの?

ところで、VIO脱毛が未経験な人にとって、どんな姿勢で施術するのかは最も気になるポイントですよね。

まずVラインは少し足を開いて、ショーツをずらしながら。Iラインは足を立てて、横に倒した状態で片側ずつ行っていきます。Oラインは、うつ伏せや横向きになって行います。

サロンのスタッフは、お客さんの「恥ずかしい」、「緊張する」という気持ちを理解した上で脱毛を行っています。いきなり下半身を丸出しにされるようなことはないので、どうか心配しないでくださいね。

VIO脱毛後、肌トラブルの可能性は?

VIOラインは皮膚が薄く、デリケートな部分です。場合によっては肌が赤くヒリヒリして、火傷のような状態になることもあります。

サロンでは毛のメラニン色素に反応するライトを当て、熱を加え毛根にダメージを与えます。この熱によって脱毛を促し再生しにくくするのですが、同時に肌を傷つけてしまう可能性もゼロではありません。

もし上記のような症状が出たら、冷やしたタオルなどをあて、しっかりと保湿しましょう。大抵は2〜3日で収まりますが、もし回復しないようなら早めに皮膚科を受診しましょう。

VIO脱毛に適した時期は?

多く人がVIOラインを気にし始めるのは、夏が近づく5〜6月くらいの時期ではないでしょうか。
体毛は1度脱毛しても2〜3ヶ月で再生しますので、脱毛も生え変わりに合わせて行います。
Vラインの場合、毛が薄くなったと実感するのは6回目以降と言われています。
従って、夏に向けてVIOラインを脱毛するのなら、「秋」に始めるのがベストなんですよ。

では、今から始めるのでは遅すぎる?そんなことはありません!
早く始めれば始めるほど、早くキレイなVIOラインが手に入るのですから。だだし、脱毛してから毛が抜けるまでには2週間〜3週間ほどかかります。
夏に海やプールなどの予定がある人は、スケジュールから逆算して始めるのをお忘れなく。

安心して、VIO脱毛にトライ!

いかがでしたか?始めるまでは不安だったVIO脱毛も、回数を重ねるうちに慣れ、何より快適なVIOラインは病みつきになるはず!さあ、今すぐ気になるサロンに問い合わせてみてくださいね。







-脱毛部位

Copyright© 脱毛口コミの脱毛サロン女子 , 2017 AllRights Reserved.