未分類

脱毛にプラスで美肌生活もどう?おすすめ生活方法!

更新日:

脱毛のおさらい

自己処理から、エステまで脱毛の方法のおさらいをしておきましょう。
脇や手足、そしてデリケートゾーンから全身へと脱毛の範囲はどんどん広がっています。
「美」への意識の高まりが、脱毛を促しているようです。

カミソリとシェーバー

自宅でできるむだ毛の自己処理として、一番簡単で手軽にできる方法です。
大人はもちろん、学生もやっているオーソドックスなカミソリやシェーバーで剃る処理方法は、すぐに効果がでてなにより安価です。
問題点としては皮膚を削っているようなものなので肌がガサガサになってしまいます。

脱毛ワックス

脱毛用ワックスを塗って、冷えて固まったところで一気にはがす方法です。
広範囲のむだ毛の処理ができますが、とても痛みをともないます。
無理にむだ毛を剥がすので、肌への負担は大きいです。

除毛クリーム

クリームを塗って毛を溶かし除毛する方法です。痛みがないのがメリットですが、毛を溶かすほどの溶剤を広範囲に塗るのですから多用は禁物です。
また除毛クリームを塗ってから時間を置く必要があるでの手間がかかります。

毛抜き

1本1本の処理は手間がかかりますし、痛みがあります。毛穴が大きく開くため、毛が埋没してしまったり、毛穴から雑菌がはいって炎症を起こす可能性があります。

自己処理の落とし穴

自宅でできる自己処理は、だれもが試したことがあるものばかりですが、処理方法によっては毎日処理しなければならない方法もあります。
時間と労力を費やして脱毛をした肌は、かなり傷ついています。
肌を刺激し続けてきたことによる黒ずみ、無理に抜き続けたせいでボツボツに開いてしまった毛穴、摩擦によりガサガサになった肌。
何かしら心当たりがあるでしょう。

エステで脱毛

脇・手足、デリケートゾーンに全身と専門のプロに施術してもらいむだ毛を脱毛する方法です。
通う手間や、施術費用など負担はありますが、メリットの方が多いので脱毛エステに通う人は増えてきています。

めざせ美肌

むだ毛として疎まれてしまう毛ですが本来は、人間の皮膚を外の刺激から守ったり体温を逃がさない役割を持っています。
むだではないのにむだにされてしまい脱毛処理されてしまったわけですが、皮膚を守ってくれる毛が脱毛でなくなったのですから、皮膚を守るためにケアをしてあげなければキレイを保てません。

肌にいい食べ物と悪い食べ物

美肌を作るために体を内側からキレイにして、いきましょう。

シワやたるみにきくおすすめ栄養素

ピンとしたハリのある肌に必要な栄養素は、肌を組成するために必要なビタミンC・鉄分・タンパク質です。
ビタミンCが多く含まれる柑橘類や葉物野菜、鉄分を摂取できるカツオやひじきなどの海産物、タンパク質を含む大豆製品がおすすめです。

また鉄分、タンパク質もハリのある肌に必要な栄養素です。

シワやたるみにいい食べ物
アセロラ・海苔・生のキャベツ・卵白・大豆・削り節・乾燥のり・干しひじき・牛乳

おすすめはビタミンC

メラニン色素を薄くするビタミンCはシミやくすみを薄くしてくれます。
またコラーゲンの生成を助ける効果があるので、肌の弾力を保つのに役立ってくれます。
肌荒れ時にはビタミンCを摂取するのはよく知られています。

ビタミンCを多く含む食べ物
赤ピーマン・アセロラ・レモン・キウィ・ブロッコリー・芽キャベツ

潤いを保つβカロチン

皮膚の粘膜を強くしてくれる栄養素です。
体のなかの働き、肌荒れを肌の老化を予防してくれます。

βカロチンを多く含む食べ物
鶏レバー・yなぎ・モロヘイヤ・ニンジン・かぼちゃ

肌の回復力をダメにする食べ物

消化が悪いものや、内蔵に負担をかける食べ物はその処理を体が頑張ってしまうので肌のケアは後回しになってしまいます。

カフェイン・・・抗酸化作用をもつビタミンCを破壊してしまい、肌の新陳代謝を遅らせてしまいます。
脂っこいものやスナック菓子・・・摂りすぎた脂分は肌を酸化・老化させコラーゲンの生成を妨げます。
生野菜・冷たい飲み物・・・冷えた体は血行が悪くなって新陳代謝が悪くなります。

もちろん、少し食べたからといってスナック菓子がとても体に悪いものということではありません。
コーヒーが好きな人にとっては肌に悪いからやめろと言われても、やめられません。
過度な摂取を控え、他の食べ物とうまくバランスをとっていきましょう。
ダイエットにいいからとサラダを取りすぎると体を内面から冷やしてしまいます。
温野菜にして食べれば問題ありません。
食べ方の工夫も美肌には必要です。

よい睡眠は美肌を作る

眠っている間は、体力を回復しているだけではありません。
体内では成長ホルモンが分泌されていて、これが減ると大変なことになります。

成長ホルモンが正しく分泌されると、体調だけではなく肌も整ってきます。
不足すると、代謝が滞ったり病気になりやすくなってしまうのです。

睡眠不足は肌に顕著に現れます。肌の生成リズムが崩れてしまい古い角質が残りやすくなります。
そしてくすみ、シワ、シミの原因となり、乾燥肌や吹出物のもとになってしまいます。

夜22時から午前2時が1日のうちで成長ホルモンが最も分泌される時間です。
なかなか眠るのが難しい時間帯ですが、かわりに質の良い睡眠をとることで補いましょう。

寝る前は基礎化粧品で肌と整え、お手入れを必ずして肌を休める準備をしましょう。
寝る前、3時間は食事を取らないように、食べたものを消化するためにエネルギーを使ってしまい睡眠による肌の回復にまで血液がまわりません。
お風呂はぬるめで寝る時間の1時間前までに済ませるといいですね。熱いお風呂は肌の油分を過剰にとってしまうのであまりよくありませんし、体が興奮してしまいリラックスできません。

毎日の積み重ねでキレイを作る

体の内側から整えておけば、脱毛でツルツルになった肌をそのままキレイに維持できるようになります。
美肌は1日でどうにかなるものではありません。
まして、効果も脱毛のように結果が見るものではなく、肌のキメなどは目に見えにくいものです。

加えて適度な運動も肌には必要です。
体にいいものだとばかりに美味しいものを食べてばかりいたら栄養素の取りすぎで太ってしまいます。
無理な運動で挫折してしまうよりも、日々の生活でいつもより多く動くだけでもかまいません。
階段を利用するとか、つま先立ちで信号待ちをするとか些細なことですが試している自分は、メンタルでも大きな成果をだしてくれます。
痩せること、キレイな肌を作ることに前向きになっているメンタルは最終的に、自分の全体のキレイにつながっていきます。

効果がないと途中で投げ出してしまっては、肌はどんどん老化してしまいますよ。
脱毛はプロに任せて、あなたは地道に肌を磨き上げましょう。







-未分類

Copyright© 脱毛口コミの脱毛サロン女子 , 2017 AllRights Reserved.